M&Aとは?

M&Aとは、「Mergers And Acquisition」の頭文字を取ったもので、
直訳すると「合併と買収」という意味になります。
わかりやすく言うと、会社を売ったり買ったりすることです。
売る側は事業承継などの理由で、一方、買う側は会社の規模拡大などの理由でM&Aが行われています。

▪️不動産所有会社M&Aとは?

不動産所有会社M&Aとは、不動産そのものを売買するのではなく、
不動産を所有している会社の株式を売買して合併、買収する手法です。
買主は不動産所有会社の株式を買収すると、実質的にその会社の所有物件のオーナーとなることができます。

不動産所有会社M&Aを活用することで、売主、買主、双方とも税務的に大きなメリットがあり、
売主側は手残りが多くなり、買主側は購入時の税金を抑えることが可能となります。

image image
  • 売り主のメリット

    image image

    売り主のメリット

    不動産所有会社M&A方式の場合、
    会社清算方式と比べて 税引き後の手残りが
    多くなる
    という税務メリット。

    売りたい方はこちら
  • 買い主のメリット

    image image

    買い主のメリット

    実物不動産購入時に通常必要となる
    不動産取得税や登録免許税が
    不要になる
    という税務メリット。

    買いたい方はこちら